c0010 japots 第三弾元川知子の作品装飾付き小鉢皿セットカラー緑

元川知子さんの作品で
白ベースに緑の釉薬がとてもきれいな作品。
造形的に少し小さな取っ手がついて女性らしいあしらいが魅力的。
釉薬のグラデーションがそれぞれの作品を引き立てます。

※当サイトに掲載している商品は、複数店舗で同時に販売しております。その為、サイトよりご注文を頂いた時点で稀に他店舗にて完売してしまい欠品してしまう場合がございます。

■作家紹介

元川知子/Motokawa Tomoko

岡山市出身
大阪芸術大学短期大学部デザイン美術学科陶芸専攻卒業
大阪芸術大学芸術大学工芸学科陶芸専攻編入学、卒業
同大学工芸学科研究室にてアシスタント(副手)として勤務
2010年より岡山市 自宅アトリエにて制作
個展、グループ展での活動、ワークショップなどを開催

作家紹介
釉薬や色化粧の調合、下絵や上絵など様々な加飾方法など学生時代に学んだ知識をもとに、独立後も色について研究を続け、立体作品などを制作してきました。
その経験を生かし、現在制作している花器や器などの「生活に身近なもの」を作るうえでも、作品のフォルム、そして色、色の組み合わせ、質感にこだわり製作しています。
研究、試行錯誤を続けるなかで、独自の調合で生まれた釉薬を主に用いています。
電気窯で焼成しますが、作品のフォルム、釉の厚さ、重ねる釉の種類や重ねる順番、窯の中のどの位置に入れるか、気温や湿度、焼成時間など、様々な状況によって、色は大きく変化します。特に私が好んで用いている結晶釉は特に変化に敏感に反応する釉薬です。
多くの釉薬を用いるには、それだけ変化に伴うリスクが大きいですが、フォルムにあった色を選ぶこと、窯出しの度に発見や驚きがあることも楽しさのひとつです。

青色の鉢
釉薬「トルコ青マット×金釉」
土「陶土(信楽土)」
制作技法「鉢:手捻り 受け皿:タタラ作り」

黒色の鉢
釉薬「墨マット結晶釉」
土「陶土(信楽土)」
制作技法「鉢:手捻り 受け皿:タタラ作り」

白色の鉢
釉薬「乳白結晶釉」
土「陶土(信楽土)」
制作技法「鉢:手捻り 受け皿:タタラ作り」

在庫状態
在庫有り
販売価格(税別)
¥8,500
数量

■お届けについて

・入金の確認ができてから、およそ2~3日後の発送になります。ただし、ご注文が集中した場合や、連休前後等でお届けが遅れる場合はあらかじめご連絡いたします。

・発送連絡後、1週間以上たっても商品が届かない場合は、ご連絡ください。

・商品のお届けは、日本国内とさせていただきます。商品お届けの際にお客様がご不在の場合、配達業者さんから「ご不在連絡票」が置かれますので、連絡先へ再配達を依頼ください。

・商品合計10,000円(税別)以上のご注文で送料無料。詳しい送料はこちらをご覧ください。

■返品についての詳細

商品到着後はすぐに箱を開けて内容物を確認して下さい。商品には万全を期していますが、万一不良等がございましたら、お手数ですがご連絡をお願い致します。尚、商品到着後、1週間以上が経過しているものにつきましては対応致しかねますので、予めご了承下さい。